よくあるご質問

火災になったときエレベーターを避難の目的に使ってはいけないのはなぜですか?
火災による停電、パニックによる乗り過ぎ、消火の際の水の影響などにより、閉じ込められることもあります。
エレベーターの速度が建物によって違うのはなぜですか?
より快適に、より速くお客様を目的階に運ぶために最適な速度に設定されています。
エレベーターに乗っている時、停電になったら、閉じ込められるのですか?
停電になったら、ブレーキが作動して止まります。
2009年9月の建築基準法施行令の改正により、それ以後に設置されたエレベーターでは予備電源を持つものが大半となっています。
エレベーターの定員はどのように計算されるのですか?
カゴの床面積から積載量が定められています。
乗用・寝台用エレベーターでは、1人65kgとして定員を定めます。
人数は、大人1人65kgとして計算しています。
乗用エレベーターと住宅用エレベーターとの違いは何ですか?
JIS(日本工業規格)によって住宅にふさわしいと推奨されたエレベーターの形が住宅用エレベーターです。
基本性能は乗用と変わりません。
エレベーターを吊っているロープが切れたらどうなるのですか?
非常止め装置によってエレベーターが落下することを防いでいます。
日本には何台くらいエレベーターはあるのですか?
日本で約67万台のエレベーターが動いています。(2011年3月現在)
エレベーターの中に鏡があるけど何のためですか?
車いすのお客様が乗り込んだ状態で、かごの中で回転ができない際、後ろ向きで出るときに後方を確認するためです。
エレベーターの扉に窓が付いているのはなぜですか?
防犯のために外からでも中が見えるようにするためです。
車いす専用ボタンと、一般用ボタンでは、何が違うのですか?
車いす用ボタンの場合は扉の開放時間が長く設定されています。
エレベーターに乗っているとき地震が来たけど大丈夫ですか?
まず、全ての行き先階ボタンを押して、最初に止まった階で降りて、慌てずに避難してください。
2009年9月の建築基準法施行令の改正により、それ以降に設置された乗用・寝台用エレベーターの大半には、地震を感知して最寄の階で止まる装置が義務付けられました。
年次の検査や保守点検は必要ですか?
必要です。詳しくは保守点検・定期検査のページをご覧ください。

※一般社団法人 日本エレベーター協会より抜粋

Copyright (C) 2011-2018 Granz KASAI Co., Ltd. All Rights Reserved.